抗生物質は、私達の命を守ってくれている腸内フローラを形成する腸内細菌に対し、毒として働きます。アルコールや、農薬、幾つかの化学品等も同様。更に過度なストレスも嫌います。皆さんが考えてるより、腸内細菌は敏感に生きてます。だからこそ免疫力と言うとてつもない力を創るのです。

病院で処方される飲み薬で、便が柔らかになったり、下痢になったりする経験はないでしょうか?この程度の現象であれば、腸内細菌が根こそぎ死滅するまでには至りませんが、
入院して点滴による静脈注射による抗生物質の投与を続けると、全滅してしまう危険すらあるのです。長期入院した場合、高齢者施設等は管理された食品の摂取となるので非常厳しい腸内環境に在ると言わざる得ません。

この世に生まれたときから身体を守り続けてくれた腸内細菌を弱らせ、残りの人生において腸の働きの異常が延々と続くような大変不幸な状態となる可能性は避けたい筈です。

マウスの腸内細菌を抗生物質で死滅させ、
インフルエンザウ イルスを経鼻的に接種して、インフルエンザウイルスに対する免疫応答を確認すると、抗生物質を飲んでいたマウスは、通常の水を飲んでいたマウスと比べ、インフルエンザウイル スに対するワクチン効果が低いことが明らかなのです。

私達は多様な腸内細菌を得る機会が益々失われつつ在ります。然し、昔のような非衛生的な環境に戻れ無く、真のオーガニックな食材を選択出来ない以上、乳酸菌だけで無い、多様な腸内細菌を摂取するサプリメントは必須なのです。1DE5D040-CA92-4A1C-A885-3C4414308B8E